エドウィン・O・ライシャワー

Edwin O. Reischauer

エドウィン・O・ライシャワー(1910年10月~1990年9月)は、東京を拠点に活動をしていたキリスト教長老派教会宣教師の家庭に生まれ育ちました 。16歳の時に日本を離れオーバーリン大学へ入学。その後、ハーハード大学へ進み東アジア史を専攻。その間、5年間はパリ、東京、京都、北京へ留学します。1938年、夫人のエイドリアンとともに米国へ戻り、1939年に博士号を取得。その後、1941年に国務省および米国陸軍のリサーチアナリスト、軍の日本言語プログラムのオーガナイザー、翻訳者として抜擢されるまで、極東言語学部において教鞭をとりました。1946年にハーバードに戻ってからは、東アジア学の新カリキュラムの発展を指揮、また著作活動に専念しました。この教育の「黄金時代」(ライシャワーの言葉を引用)にジョン・K・フェアバンクと共同で教えた東アジア文明の授業は「ライス・パディーズ」と呼ばれ、現在も一般教養授業として開講されています。

Edwin Reischauer and Haru Matsukata

1960年、ライシャワーによる当時の日米間問題に関する論文がジョン・F・ケネディの目に止まり、駐日大使に就任(1961~1966年)。ライシャワーの外交は日米の「平等なパートナーシップ」と称され、東京出身のジャーナリストで妻となる松方ハルとともに民間の人気を博します。公私ともに、ハルはライシャワーの支えとなり、大使として、また学者としてパートナーの役目を果たしました。1966年にハーバード大学へ教員として戻ったライシャワーは、引き続き「ライス・パディーズ」の授業を教え、政治学部において日本政治についての授業を担当、また米国・東アジアについての歴史学の授業に関わりました。著書には、ジョン・K・フェアバンクとアルバート・M・クレイグの共著による『East Asia: Tradition and Transformation』(1973) 等。

ライシャワーはまた「日本研究所」の設立に多大に貢献し、その功績から同研究所は「エドウィン・O・ライシャワー日本研究所」と改称されました。ライシャワー自身も1974年~1981年の間、所長を務めています。1981年の引退まで、日米関係の強化を目標に、教育、執筆活動、その他様々な研究活動に従事しました。ライシャワーにより日本史についての講義シリーズもその功績のひとつです。ライシャワーはハーバード大学の日本研究発展のみにとどまらず、より広く東アジア研究のカリキュラムを拡充することを目標とし、米国における、また世界における日本への理解を深めることに邁進しました。このような功績がライシャワーの名を受け継ぐ研究所に影響を与えています。