日本デジタル研究所

ライシャワー日本研究所内「日本デジタル研究所」は、2017年に現在のデジタル時代に日本研究に従事する図書館員、教員、学生への新しいかたちのサポートを提供するべく設立されました。近年の国際的・他言語のデジタルスカラーシップの発展に対応し、今後のさらなる日本研究の発展に求められる画期的なデジタルリソースを作り、共有することを目的としています。「日本デジタル研究所」の前身である「現代日本研究資料センター」は、現代中国・日本・ロシア・ユーラシアのコレクションを所蔵するハーバード大学ファング図書館の一部として、日本社会科学ジャーナル、新聞、戦後日本の印刷物を所蔵していました。しかし、近年急増したデジタルリソースの収集が「現代日本研究資料センター」の役割となり、デジタル時代のニーズに応え、より画期的な学術研究のサポートを提供するため「現代日本研究資料センター」を再編成し「日本デジタル研究所」が新設されました。

日本デジタル研究所のウェブサイトを見る