日本災害DIGITALアーカイブ

日本災害DIGITALアーカイブ(JDA)は、2011年の東日本大震災に関するデータや報告を集約することを目的に作られた高度なアーカイブです。当プロジェクトでは、災害に関する一次資料を収集・保存し、多くの人がアクセスできるようにすることを目指しています。アーカイブが災害の影響を受けた人々の自らの経験を共有する場となることを第一の目的に、さらにはアーカイブを通して情報交換の場を提供すること、新しい情報管理の方法を探求すること、さらには新たな教育・研究方法を構築することを目標としています。 JDAでは、個々のユーザーがウェブサイト、ビデオ、写真、個人の経験談等を投稿できるようになっています。画期的な地図機能もあり、位置情報付きの資料をリアル・タイムで表示することができます、コレクションやプレゼンテーションをサイト上で共有し、交換できることから、収集された資料に様々な角度から意味付けをし、新たな価値を付加する事が出来ます。JDAのネットワークは年々拡大しており、主要組織による位置情報を付けた膨大な写真の投稿から、一般の人が自分の家族の体験談をシェアしたもの、また義援活動に関する歴史学者の投稿まで、様々なものが含まれます。ユーザー参加型のインタラクティブな場となっています。

日本災害DIGITALアーカイブのウェブサイトを見る