ニュース

News

森俊子教授が 「2024 Asia Arts Game Changer Award」 を受賞しました

森俊子教授(ハーバード大学デザイン大学院 Robert P. Hubbard Professor in the Practice of Architecture、Toshiko Mori Architect, PLLC and Vision Arc 創設者・代表)が、アジア・ソサイエティより 「2024 Asia Arts Game Changer Award」を受賞しました。「Fierce Imagination: Women Artists and the Environment」 をテーマとした本授賞式は、5月16日(木)に行われます。森教授は、2023年に Sarasota Architecture Foundation より 「Philip Hanson Hiss 賞」、2021年に 「イサム・ノグチ賞」、2020年にニューヨーク市立博物館より「Louis Auchincloss Prize」 を受賞しています。

続きを読む

William M. Tsutsui Receives 2024 Lisa Mighetto Distinguished Service Award

The Reischauer Institute congratulates William M. Tsutsui on receiving the 2024 Lisa Mighetto Distinguished Service Award from the American Society for Environmental History (ASEH) for his "significant contributions to the development of ASEH as an organization." Currently the Chancellor and Professor of History of Ottowa University, Prof.

続きを読む

クリスティーナ・L・デイヴィス教授が外務大臣表彰を受賞

3月25日(月)、クリスティーナ・L・デイヴィス教授 (政治学部エドウィン・O・ライシャワー日本政治学教授、ウェザーヘッド国際問題研究所日米関係プログラム所長)が、鈴木光太郎在ボストン日本国総領事公邸において、外務大臣表彰を受けました。  デイヴィス教授の「米国における日本研究を促進するとともに、日本の次代を担う若手指導者層に米国との知的交流の機会、日本の国際的役割に関する知見を深める機会を提供し、日米間の相互理解の促進に寄与したこと」が認められました。  在ボストン日本国総領事館の公式発表は、こちらからご覧ください。

続きを読む

メアリー・C・ブリントン教授のインタビュー記事が韓国の新聞「アジアビジネスデイリー」に掲載されました

メアリー・C・ブリントン教授(ライシャワー研究所社会学教授・RIJS前所長)が、韓国の新聞「アジア・ビジネス・デイリー」の取材で男女不平等と低出生率の問題について論じた記事が掲載されました。 ブリントン教授の著書『縛られる日本人 人口減少をもたらす「規範」を打ち破れるか』(中央公論新書 2022年)に基づいたインタビューが初めて韓国のニュース媒体で取り上げられたものです。   記事全文はこちらからご覧いただけます。

続きを読む

アジアセンター出版より著書を出版したブライアン・ハーリー氏が、日本近現代史協会、現代言語協会より表彰されました

テキサス大学オースティン校アジア学部日本文学助教授ブライアン・ハーリー氏が、著書『Confluence and Conflict: Reading Transwar Japanese Literature and Thought』で日本近現代史学会図書賞の3名の最終候補の1人に選ばれました。本著は2022年にアジアセンター出版より刊行されたものです。

続きを読む