研究の推進

教員へのサポート
ライシャワー日本研究所は、研究所に所属する教授(人類学、文化史、日本政治、日本宗教、日本宗教社会、社会学、東アジア言語文明学部、政治学)へのプロフェッサーシップサポートを行っています。また1982年にEdwin O. Reischauer Professorship 基金を設立し、ハーバード大学シニア教員の研究への助成と客員教授の招聘に役立てています。


研究所構成員
ライシャワー日本研究所のミッションは、テニュア教授、ジュニア教授、名誉教授、日本語プログラム教員、図書館員、キュレーター、日本関係の研究及び教育に関わるメンバーからなる「フルコミッティ」によって遂行されています。さらに、研究所の運営に直接関わる17名のテニュア教授が「エグゼクティブコミッティ」を形成しています。

ポストドクトラルフェロー
RIJS ポストドクトラルフェローシッププログラムは、過去5年以内の博士号を取得した者を対象に、毎年4~5名のフェローを受け入れています。在籍中、多くのフェローが博士論文の出版に向けて研究を進め、さらにジャパン・フォーラムシリーズにて研究発表を行うことが義務づけられています。2011年よりデジタル・スカラーシップを専門とするフェローを迎え、2018年度にはデジタル・フェローシップ、デジタル・ポストドクトラルフェローシップが新設されました。


客員研究員
1973年より、ライシャワー日本研究所では日本、アジア諸国、北アメリカ、ヨーロッパ他の地域の大学及び研究機関に所属する研究者を、客員研究員として受け入れて います。 ライシャワー日本研究所所属の教員による招聘で、通常1年にわたり研究活動を行うことを目的に研究所に在籍します。授業、セミナーへの参加、学生の研究へのアドバイス、学生の将来の留学先での研究機関の紹介等、様々な形でハーバードのコミュニティへ貢献しています。


出版物
ライシャワー日本研究所は、ハーバード大学アジアセンター出版の「日本研究モノグラフシリーズ」を支援しています。配給は、ハーバード大学出版が「ハーバード東アジアモノグラフシリーズ」を通して担当します 。これまで140の日本関係のモノグラフがライシャワー日本研究所のサポートにより出版されており、歴史、文化、社会、文学等、日本に関わるあらゆる分野を網羅しています。その他、人文学系のモノグラフは、ハーバードイェンチン研究所によるハーバードイェンチン研究所モノグラフシリーズより出版されています。両シリーズとも、ハーバード大学の教員が構成するアジアセンター出版委員会がピア・レビューによって選出しています。

図書館
ライシャワー日本研究所は、日本国外で最大の日本研究関連コレクションを所蔵するハーバードイェンチン図書館にも支援を行っています。1988年に「現代日本研究資料センター」が開設され、約30年にわたり社会科学分野の研究者や学生へリソースを提供してきましたが、2017年、デジタル化の時代の流れに沿って、オンラインメディアやデジタル・リソースを扱う「日本デジタル研究所」として生まれ変わりました。日本デジタル研究所では、大学の図書館員及び教員と協力し、新たなデジタルコレクション、 デジタルプロジェクトの立ち上げを積極的に行っています。


デジタル・プロジェクト
ライシャワー日本研究所は、近年の時事問題に対応してオンラインリソースを収集、整理するデジタルイニシアチブを立ち上げました。その1つである「日本憲法改正プロジェクト」は2005年、日本の戦後憲法改正への動きに対応して設立されました。また、2011年3月11日の東日本大震災を受け、「日本災害DIGITALアーカイブ」が設置されました。両プロジェクトは日本デジタル研究所で扱われ、研究所の活動の幅をさらに広げ、世界中の研究者や民間団体のメンバーのネットワークを広げるのに大いに貢献しています。